大和堆におけるヤムシ類の季節変化の解明(54)

大和堆におけるヤムシ類の季節変化の解明(54)

課題番号1995005494
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間継S63〜H09
年度1995
研究問題半閉鎖性海域の海域特性の総合評価技術の確立
大課題海域の自然特性の解明と情報解析技術の確立
中課題海洋生物の分布特性と多様性の解明
小課題大和堆におけるヤムシ類の季節変化の解明(54)
摘要大和堆水域のヤムシ類の分布パターンの季節変化を解明するため、9定点で5年8月と10月及び6年4月にノルパックネット鉛直曳きによって得た動物プランクトン試料と、同定点における既存採集試料から、ヤムシ類の密度及び種組成を調べた。出現した10種の内、冷水性のキタヤムシは、個体数で春季に大きな構成比を示したが、密度では季節による顕著な差はなかった。一方、ヒメヤムシなどの暖水性及び沿岸/混合水域性の種群は、夏から秋に卓越し、種数・密度ともに豊富であった。また、ヤムシ類の分布と海洋構造との関係から、暖水及び沿岸/混合水域性のヤムシ類は、対馬海流起源の水塊に対応して分布していたことが明らかとなった。
研究分担海洋環境・生環研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048446
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat