家畜排泄物流通利用の組織的調整システムの解明(16)

家畜排泄物流通利用の組織的調整システムの解明(16)

課題番号1995002964
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H06〜H11
年度1995
研究問題九州・沖縄農業の発展方向の解明と農村社会の活力増進方策の確立
大課題地域農業の再編・組織化方式と計画手法の開発
中課題地域計画手法の開発
小課題家畜排泄物流通利用の組織的調整システムの解明(16)
摘要畜産および園芸地帯である熊本県菊池地域では、流通利用を目的に家畜排泄物を処理している主体は、畜産農家・農協・農事組合法人・堆肥専門業者など多様であった。家畜排泄物の流通利用における特質を明らかにするため、その流通形態の類型化を行った。すなわち家畜排泄物の処理が供給サイドである畜産農家で行われる1)畜産農家主体型から需要サイドである利用者に近づくごとに2)環境対策型、3)スケールメリット型、4)地域複合型、5)商品生産型、6)利用者主体型の類型を設定した。特に収益性の面から類型をみると、畜産農家に近い類型は赤字が多く、利用者に近い類型は黒字のものが多かった。
研究分担農村計画・地域計画研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048474
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat