暖地向き直播適性育種素材の開発

暖地向き直播適性育種素材の開発

課題番号1995002984
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H07〜H12
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題水稲の優良品種の育成
小課題暖地向き直播適性育種素材の開発
摘要UR後、稲作では大規模化等による低コスト化が求められている。そのためには、直播による低コスト化が有力な手段と考えられ、直播適性の高い品種開発が必要である。暖地の直播適性品種が具備すべき特性としては、土中出芽性と転び型倒伏抵抗性であるが、本課題では高度な転び型倒伏抵抗性を持つ直播適性品種の開発を目的とする。転び型倒伏は根の太さと関係があり、その根の太さは幼苗から現れることが明らかにされており、根の太いアメリカ稲と日本稲とを交配し幼苗での選抜を繰り返し、早期に転び型倒伏抵抗性の直播適性品種を開発する。
研究分担水田利用・稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat