リポキシゲナーゼ欠失の高蛋白質・高糖分大豆品種の育成(57)

リポキシゲナーゼ欠失の高蛋白質・高糖分大豆品種の育成(57)

課題番号1995003004
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関国研センタ;併
研究期間継H03〜H08
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題豆類の優良品種の育成
小課題リポキシゲナーゼ欠失の高蛋白質・高糖分大豆品種の育成(57)
摘要カロテン退色能を利用したリポキシゲナーゼ完全欠失大豆のスクリーニング効率を検討した。本法では、電気泳動による検定が1日当たり100粒前後であるのにくらべ、1日に300〜500粒の検定が可能であった。また、誤判定率も1.3%に留まり、検定の量、質の両面で本法が有効であることが確認された。リポキシゲナーゼ完全欠失性の実用品種の育成のため、B2F3〜B4F3の戻し交配世代については継続して選抜を行った。
研究分担作物開発・大豆育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048514
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat