さとうきび高糖性実生個体の簡易選抜法の開発(62)

さとうきび高糖性実生個体の簡易選抜法の開発(62)

課題番号1995003008
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関国研センタ
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題工芸作物の優良品種の育成
小課題さとうきび高糖性実生個体の簡易選抜法の開発(62)
摘要4年度までに、実生苗予備選抜個体の茎基部から得た搾汁を用いて算出した可製糖率と5年度栄養系の全茎を搾汁して算出した可製糖率と間には正の有意相関(r=0.522**)が認められ、実生苗茎基部を用いた蔗汁分析値が選抜指標として利用できることを明らかにした。6年度は異なる組合せについて両者の間の相関関係を検討し、正の相関関係(r=0.324)があることを認めた。7年度は還元糖分について検討を試みる。
研究分担作物開発・きび育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048518
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat