そばの機械化適応性、良質多収品種の育成(63)

そばの機械化適応性、良質多収品種の育成(63)

課題番号1995003009
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H04〜H13
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の優良品種の育成と育種法の改善
中課題工芸作物の優良品種の育成
小課題そばの機械化適応性、良質多収品種の育成(63)
摘要暖地そばの栽培上の問題点として、倒伏しやすく、機械収穫による損失が大きく、収量性が低いことがあげられる。また麺の消費動向からは、夏季の出荷が求められている。そこで、機械化栽培に適し、早期栽培が可能な品種を育成するため、生態型の異なる24品種・系統を供試して、生育特性、収量性、並びに製粉歩留を調査した。中粒そば(東郷町)と関東1号は果皮率が低く、製粉歩留まりが高く、母本として有用と思われた。2組合せの交配を行い、それぞれF1種子を養成した。
研究分担作物開発・資源作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048519
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat