収量性向上のための生産態勢の解明

収量性向上のための生産態勢の解明

課題番号1995003040
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題作物の生理・生態的反応と生産機能の解明による良質安定栽培技術の開発
小課題収量性向上のための生産態勢の解明
摘要超多収品種の育成により、暖地においても800kg/10a以上の収量を得ることが可能となってきた。しかし、水稲生産の国際競争力を強化するためには、直播等による栽培様式の簡略化により、大幅な省力化を図るとともに一層の多収化を図ることが不可欠である。本研究では、物質生産機能の向上により収量性の増大を図るため、暖地における異なる栽培様式のもとでの草型や穂数・籾数の構成等の形成過程および光合成特性、光合成産物の分配特性を解明し、多収化のための生産態勢を明らかにする。7年度は移植及び直播された水稲の分げつ特性や葉面展開速度と乾物生産との関係について草型の異なる品種を供試し検討する。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048550
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat