作物間相互作用の解明・利用による高度土地利用技術の開発(97)

作物間相互作用の解明・利用による高度土地利用技術の開発(97)

課題番号1995003043
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題輪作機能の解明と畑作物の高品質生産技術の開発
小課題作物間相互作用の解明・利用による高度土地利用技術の開発(97)
摘要高収益作物の導入と青果用甘しょの高品質化による、甘しょを中心とした高収益作付体系を確立するため、導入作物と甘しょの作物間相互作用を解明し、高品質甘しょ生産のための導入作物の適性を評価しようとした。上イモ重に対する前作の影響をみたところ、両品種ともにカンショ−イタリアン跡、落花生跡及びカンショ−大根跡で多く、カンショ−バレイショ跡、カンショ−キャベツ跡では少なくなり、カンショ−バレイショ、キャベツ跡では上イモ重/地上部重も低くなり生産効率が低下した。また、イモの外観形質に対する前作の影響も異なり、イモの長さと径はカンショ−キャベツ跡で小さくなり、長径比はカンショ−バレイショ跡で大きくなる傾向を示した。皮色は、落花生跡でa値が高くb値小さくなり、鮮やかな赤紫色を示した。一方、線虫被害は、ベニオトメはネグサレセンチュウ、高系14号ではネコブ、ネグサレ両センチュウによるもので、被害程度が大きいものほど線虫数が多くなり、カンショ−バレイショ跡、カンショ−キャベツ跡で大きかった。以上の結果、収量面ではカンショ−イタリアン跡、落花生跡及びカンショ−大根跡への青果用カンショの作付けが適しており、カンショ−バレイショ跡、カンショ−キャベツ跡は、収量が低く、しかも線虫被害が多くなること、落花生跡の甘しょの皮色は鮮やかな赤紫色を示すことが分かった。
研究分担畑地利用・作付体系研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048553
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat