スーダングラス、イタリアンライグラス等周年作付体系の省力栽培技術の確立(103)

スーダングラス、イタリアンライグラス等周年作付体系の省力栽培技術の確立(103)

課題番号1995003046
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題作物の安定多収栽培技術と品質向上技術の開発
中課題牧草・飼料作物の栽培特性の解明と良質安定多収栽培法の確立
小課題スーダングラス、イタリアンライグラス等周年作付体系の省力栽培技術の確立(103)
摘要畜産農家における粗飼料生産を省力化するため、部分耕播種とスラリーの追肥利用を組み合わせたスーダングラスの省力技術を検討した。農家の実規模圃場において、部分耕播種法の作業時間は10a当り約30分で済み、慣行の播種法に比べて約60分短縮できた。また、スーダングラスの乾物収量は0.5t/10aであり、夏播作物としては十分な収量であった。スーダングラスの刈取からラッピングまでの収穫調製作業時間は約40分/10aであり、トウモロコシのサイレージ調製等に比べれば極めて省力的であり、農家の本技術に対する労力面からの評価は極めて高かった。
研究分担草地・飼料作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat