九州の各種土壌の硬化・膨潤・砕易特性の解明

九州の各種土壌の硬化・膨潤・砕易特性の解明

課題番号1995003085
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H07〜H08
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題土壌の保全と環境調和型生産力維持向上技術の開発
中課題農耕地土壌の調査・分類及び特性解明
小課題九州の各種土壌の硬化・膨潤・砕易特性の解明
摘要九州に分布する各種土壌の硬化特性(硬化が起こる条件、土塊の硬さ、大きさ等)、ならびに水漬した場合の膨潤・砕易化特性を解明し、適切な土壌管理方法の策定に資する。対象とする土壌は、重粘な水田土壌、暗赤色土(沖縄に分布する石灰岩由来の島尻マージ、佐賀、長崎県に分布するおんじゃく)、灰色台地土(沖縄に分布する泥灰岩由来のジャーガル)、赤黄色土(南西諸島および佐賀県、長崎県に広く分布)、火山灰土壌下層の褐色土層(ローム)等である。各種土壌の一軸圧縮強度、径分布変化、一般理化学性、粘土鉱物組成、微細形態等のデータを解析することにより、硬化・膨潤・砕易化機構を明らかにする。
研究分担生産環境・土壌特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048595
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat