作物根系機能の生理・生態的特性解明

作物根系機能の生理・生態的特性解明

課題番号1995003099
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題土壌の保全と環境調和型生産力維持向上技術の開発
中課題暖地水田における土壌生産力の維持向上と基幹作物の施肥技術の開発
小課題作物根系機能の生理・生態的特性解明
摘要作物生産を飛躍的に向上させるためには、根系機能を最大限発揮させる土壌環境条件の解明とそれに基づく栽培法の確立が不可欠である。暖地・多雨地帯においては作物根系の機能低下に伴う生育・生理障害の発生が生産阻害要因となっていることが多い。従って、ここでは、作物根系の生理・生態的特性とそれに基づく土壌環境改善技術を確立するとともに、根系の生理反応の一つである他感作用の作用機作解明と他感作用を利用した水田雑草制御の可能性についても併せて解析する。6年度は水稲根系の調査法、根の生理活性測定法、他感作用活性測定法等、根系の生理・生態的調査法を検討する。
研究分担水田利用・水田土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat