防除効果の変動における多年生雑草の遺伝的変異の役割の解明(164)

防除効果の変動における多年生雑草の遺伝的変異の役割の解明(164)

課題番号1995003105
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H01〜H07
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題雑草の生理・生態の解明と制御技術の確立
中課題水田作雑草の生理・生態の解明と制御技術の確立
小課題防除効果の変動における多年生雑草の遺伝的変異の役割の解明(164)
摘要除草効果の変動に及ぼすオモダカの種内変異の役割を解明する。年間の水管理と水稲の移植時期を異にするコンクリートポット(1平方m)において、除草剤処理条件下でのオモダカ個体群の2年目の動態を検討した。水稲収穫時期におけるオモダカの個体数と地上部風乾重は水稲移植時期別では早期栽培>>普通期栽培の順に、クローン間では森山産>三瀬産>>阿蘇産の順に多かった。また、室内条件で短期間に根茎や塊茎を形成させるための水耕栽培法を昼温30℃、夜温20℃の陽光定温器内で日長時間、培養液濃度を変えて検討したが、いずれの場合も実験開始後30日程度で枯死したため、再検討すことにした。
研究分担水田利用・雑草制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048615
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat