低コスト高品質堆肥生産技術の開発

低コスト高品質堆肥生産技術の開発

課題番号1995003122
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H07〜H10
年度1995
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題農耕地生態系における環境保全技術の開発
中課題物質負荷原因の調査・解明と環境保全技術の開発
小課題低コスト高品質堆肥生産技術の開発
摘要家畜排泄物は本来重要な有機質肥料であるが、畜産経営の規模拡大により経営内のみでは利用しきれない場合が多くなってきている。これら余剰のふん尿が適切に処理されない場合には深刻な環境問題を引き起こすこととなるので、畜産による環境汚染を防止するためには、家畜排泄物の利用を促進し広域流通を図る必要がある。そこで、低コストで高品質の堆肥を生産する技術を開発し、さらに、対象作目毎に肥効や含有成分を調整した成分調整堆肥の生産技術を開発して利用の簡便化と効率化を図る。高品質堆肥は、通気量や通気温度を制御することにより品質を一定にすることを目標とし、戻し堆肥等により発酵過程における臭気の発生を抑制するほか、発酵熱や凝縮水の有効利用技術も検討する。
研究分担企連・総研3
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048632
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat