ゲノムサイズの大きい作物における非アイソトープ法による高感度遺伝子分析法の確立

ゲノムサイズの大きい作物における非アイソトープ法による高感度遺伝子分析法の確立

課題番号1995003227
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H06〜H08
年度1995
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題遺伝子工学、細胞工学等による生物機能の開発
小課題ゲノムサイズの大きい作物における非アイソトープ法による高感度遺伝子分析法の確立
摘要県農試や民間研究機関にはアイソトープ実験施設を持つところが少ないため、ゲノムサイズの大きい作物の遺伝子を非アイソトープ法で高感度に分析する方法の確立を目的とする。大きいゲノムサイズをもつオオムギ植物体の各組織から核DNAを抽出するためにCTAB法、酢酸カリウム法、尿素フェノール法を比較検討し、ゲノムDNAを高収率で抽出する改良法を開発した。また、抽出ゲノムDNAナイロンフィルターに転写するためにキャピラリー法、アルカリ法、吸引法、加圧法を検討し、転写を高効率化する改良法を開発した。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat