毒化に関わる二枚貝の摂餌生態と消化吸収機構(47)

毒化に関わる二枚貝の摂餌生態と消化吸収機構(47)

課題番号1995005122
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題東北海域における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題増養殖技術の確立
中課題貝類被害防除技術の確立
小課題毒化に関わる二枚貝の摂餌生態と消化吸収機構(47)
摘要ホタテガイとムラサキイガイの消化盲嚢組織中の中性脂肪をナイル青で染色し、両種の脂肪蓄積を季節的に比較したところ、ホタテガイでは周年多数の脂肪顆粒が消化細管中に観察され、2〜3月に比較的少ない傾向が見られた。ムラサキイガイでは、周年脂肪顆粒は少なく、2〜6月にかけてわずかに見られた程度であった。室内飼育した個体の消化盲嚢中の脂質の挙動を機器分析によって追跡したところ、ホタテガイでは消化盲嚢中には湿重比で13.8%の脂質があり、その8割近くを中性脂質が占めていたのに対し、ムラサキイガイでは3%前後の脂質しか存在せず、中性脂質の他に極性脂質が多く存在していた。ホタテガイでは餌不足によって脂質の含量が減少したが、ムラサキイガイでは顕著な変化は認められなかった。
研究分担資源増殖・増殖漁研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048789
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat