種属間交雑によるコムギの優良遺伝子相互利用技術の確立

種属間交雑によるコムギの優良遺伝子相互利用技術の確立

課題番号1995000031
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関中国農試
研究期間新H06〜H10
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題種属間交雑によるコムギの優良遺伝子相互利用技術の確立
摘要4倍性コムギと6倍性コムギにそれぞれ存在する優良遺伝子の相互利用を図るための種間雑種作出技術の確立を目的する。両倍数性コムギの種間交雑は可能であるが、交雑率は低く雑種作出の成否はきわめて不安定である。そのため、交配操作の改善、胚培養法の確立、染色体の異常分離による雑種不稔および染色体相互間の組換え制限を克服するための染色体操作法等を検討する。6年度は4倍性コムギと6倍性コムギを養成して、両者の間で正逆交雑を行う。
研究分担作物開発・麦育種法研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat