温暖地東部向良質水稲品種の育成(31)

温暖地東部向良質水稲品種の育成(31)

課題番号1995000032
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継S56〜H10
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物の安定的高品質・多収品種の育成
中課題稲の高品質・多収品種の育成
小課題温暖地東部向良質水稲品種の育成(31)
摘要温暖地に適応する、良食味、耐病性品種を育成するため、97組合せの交配を実施した。279組合せの雑種集団を養成し、このうち44組合せから774個体を選抜した。系統については216組合せ、1659系統を養成し、95組合せ、160系統を選抜した。さらに、204系統を生産力検定に供試し、世代の進んだ材料は特性検定試験、系統適応性検定試験に供試した。その結果、中生の晩、いもち病抵抗性、良食味の関東177号、中生の晩、縞葉枯病抵抗性、強稈、良食味の関東178号、晩生の早、縞葉枯病抵抗性、多収・良食味の関東179号、晩生の晩、縞葉枯病抵抗性、良食味の関東180号に新系統名を付した。配布中の系統では関東166号が良食味、多収で穂いもち抵抗性をもつことから、7年度より大分県、愛媛県で奨励品種として普及の予定である。その他では関東165号、167号、174号などの成績が優れていた。
研究分担作物開発・稲育種研(稲育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048839
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat