蛋白質及び澱粉と小麦めん物性との関連解明(58)

蛋白質及び澱粉と小麦めん物性との関連解明(58)

課題番号1995000059
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題高品質農産物の生産・利用技術の開発
中課題農産物の品質特性の検定・評価法の開発
小課題蛋白質及び澱粉と小麦めん物性との関連解明(58)
摘要めん適性にかかわる重要な品質項目の一つであるタンパク質含量の測定技術の少量・迅速・簡便化は、育種初期選抜における多点数の効果的品質評価を行う上で極めて重要である。これまでに検討してきた元素分析法に基づく小麦タンパク質含量測定の簡易・迅速化技術の適用性を詳しく検討する為に、6年度は高製めん性母材として注目された中国小麦品種及び系統174点のタンパク質含量の分析を行った。その結果、中国小麦品種及び系統のタンパク質含量の変異は6.62%〜15.76%と大きく、概してタンパク質含量が高いものが多かったが甘粛省及び四川省の最近の育成品種及び系統はタンパク質含量が低かった等、中国小麦品種及び系統のタンパク質含量を把握し、その高製めん性小麦育種への導入に関わる基礎的知見を得た。
研究分担生理品質・麦品質研(品質評価班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048866
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat