多収小麦の物質生産機構の解明(79)

多収小麦の物質生産機構の解明(79)

課題番号1995000078
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の物質生産機能の生理生態的解明
小課題多収小麦の物質生産機構の解明(79)
摘要多収小麦品種バンドウワセの転流特性を調べるため、出穂後の部位別乾物重を標準品種の農林61号と比較した。開花後20日〜30日間に穂重増加が最大となったが、この間に稈重と葉鞘重が減少しており、茎に貯蔵されていた同化産物が穂へ転流したものと考えられた。稈や葉鞘重の減少程度はバンドウワセで有意に大きかった。同化産物の転流路である穂軸と茎の太さを調べた結果、いずれの部位でもバンドウワセの方が径が太かった。以上のことから、バンドウワセは登熟中期の同化産物の転流効率が優れているが、これには穂軸や茎が太いことが関係している可能性がある。
研究分担生理品質・麦栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat