三要素連用試験(87)

三要素連用試験(87)

課題番号1995000083
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継S00〜S00
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物栄養の診断技術の開発
小課題三要素連用試験(87)
摘要筑波の火山灰土壌の水田および畑において、長期の三要素の連用や欠除処理がもたらす作物生産、養分吸収の推移を長期的観点にたって解明する。6年度収穫の小麦は、平年並みであった。一方水稲は、天候にも恵まれ、日本晴でこれまでにない高収量が得られた。6年度の水稲については、NPK以外の無機成分についても分析した。−K区は三要素連用区と生育および体内N、P、K含有率に差がなく、他の無機成分にも差が認められなかった。一方、−N区では三要素連用区と比べ、茎葉部でのMnの減少ならびに子実でのZnの上昇が認められ、−P区では茎葉部でZn、Sr、Baの上昇が、子実でZn、Mnの上昇とMgの減少が観察された。
研究分担土壌肥料・栄養診断研(診断班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat