ケミカルコントロール等による根粒形成の制御(89)

ケミカルコントロール等による根粒形成の制御(89)

課題番号1995000085
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H04〜H10
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物栄養の診断技術の開発
小課題ケミカルコントロール等による根粒形成の制御(89)
摘要6年度は根粒菌の感染後根粒が誘導されるまでの初期過程におけるポリアミンの作用をポリアミンの代謝の各種阻害剤の効果から検討した。根粒は菌接種後6日目頃から出現し以後増加したが、DFMO、DFMA、MGBG、CAM等のポリアミン生成阻害処理により根粒数の増加が抑制された。DFMO、DFMA、MGBGが根や地上部の生育には影響しなかったのに対し、CAMは植物の成長をも抑制し、平均根粒重はCAM処理区が著しく低かった。しかし、Cycloや2−HEHには阻害作用は認められなかった。また阻害剤処理を行った後でポリアミンを添加したが、根粒着生数の回復は認められなかった。
研究分担土壌肥料・栄養診断研(診断班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048892
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat