生育制御のための省力栽培水稲の生産生態の解明

生育制御のための省力栽培水稲の生産生態の解明

課題番号1995000095
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物の物質生産機能の解明と安定生産制御技術の確立
中課題作物の安定生産制御技術の開発
小課題生育制御のための省力栽培水稲の生産生態の解明
摘要水稲生産の低コスト化をめざした直播栽培等の省力栽培法を安定化して普及させるためには各栽培法における生育特性に応じた生育制御技術を確立する必要がある。本研究では、直播を主とした省力栽培水稲の生産生態を形態形成、物質生産及び環境耐性的見地から明らかにすることを目的とする。7年度においては、品種キヌヒカリを湛水直播、乾田直播、機械移植(対照)で栽培し、多量成分である炭水化物、蛋白質、ケイ酸の転流蓄積パターンを栽培法ごとに明らかにする。また、水稲の形態形成特性、籾数生産効率等を調査し、各栽培法の生産生態を解析する。8〜9年度はこれら特性解明に加え、非構造性炭水化物とケイ酸の動態を環境耐性との関係において検討し、各栽培法の特徴を明らかにする。
研究分担生理品質・稲栽生理研(栽培生理班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048902
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat