集約畑下層土における水移動と肥料成分の動態解明(128)

集約畑下層土における水移動と肥料成分の動態解明(128)

課題番号1995000118
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地土壌環境の診断技術と管理技術の確立
中課題土壌環境の管理技術の開発
小課題集約畑下層土における水移動と肥料成分の動態解明(128)
摘要各種肥料・資材を連用した畑地下層土における水移動と肥料成分の動態を長期連続的かつ精密に観測できる試験区(畜産廃棄物施用区、緩効性肥料施用区、速効性肥料施用区、無肥料区;7×8m;2反復)を設置した。冬作はくさい収穫後に土壌中に残存している硝酸態窒素は緩効性>速効性>畜産廃棄物>無肥料区の順に多かった。年間100kg/10aの窒素を投入した畜産廃棄物施用区において窒素収支をとると、その約8割が残存および脱窒したことになるが、他の区と比べて高濃度の硝酸態窒素が土壌中に検出されたわけではなく、投入された窒素は有機物のまま表土に残存しているかあるいは脱窒が起こったことが示唆された。連続施用の影響を引き続き調査する。
研究分担土壌肥料・水質保全研(水質保全班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048925
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat