ダイズ黒根腐病抵抗性検定法の開発(148)

ダイズ黒根腐病抵抗性検定法の開発(148)

課題番号1995000134
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題ダイズ黒根腐病抵抗性検定法の開発(148)
摘要ダイズ黒根腐病抵抗性をダイズ幼植物段階で判定可能な早期検定法を開発するため、本病に対する抵抗性程度の異なる5品種を用いて、ダイズ幼苗での抵抗性の発現の有無を温度を変えて調べた。その結果、病勢の進展は30℃で早く、25℃がこれに次ぎ、20℃で遅かった。供試した5品種は、抵抗性の強弱の程度にかかわらず全ての品種が発病したが、発病程度に差があり、抵抗性の強いもので発病程度は低かった。また、本病菌の検出のための培地を試作し罹病株から本病菌の分離を行ったところ、培地上で他の糸状菌との識別が容易であったが、本病菌の生育が遅いため、さらに改良が必要と思われた。
研究分担病害虫防除・畑病害研(畑病害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048941
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat