イネウイルスの病原性の解析(153)

イネウイルスの病原性の解析(153)

課題番号1995000139
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関中国農試
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題イネウイルスの病原性の解析(153)
摘要イネ萎縮ウイルス(RDV)およびイネ・ゴール・ドワーフ・ウイルス(RGDV)を用い、ウイルス粒子を構成する2つの主要蛋白質の一次構造と蛋白質間結合部位の関係を解析した。RDV、RGDVそれぞれの内殻粒子および外殻蛋白質を相互に組み合わせて再構築を試みたところ、いずれの組み合わせでも完全な粒子が形成され、外見的な差異がなかった。RDVとRGDVとの間で、内殻の主要蛋白質の一次構造には41%、外殻の主要蛋白質の一次構造には52%の相同性があった。相同性の非常に高い領域が内殻蛋白質と外殻蛋白質間の接着部位に分布するものと推定された。
研究分担病害虫防除・ウイ防除研(ウイルス班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048946
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat