直播栽培における主要病害虫の省力管理技術の確立(176)

直播栽培における主要病害虫の省力管理技術の確立(176)

課題番号1995000140
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題直播栽培における主要病害虫の省力管理技術の確立(176)
摘要直播栽培での病虫害発生特性を解明し、低投入、低コストの病虫害総合管理技術を確立するため、病虫害の発生状況調査、及び開発した乗用管理機装着少量散布機(30L/10a)による防除効果、作溝直播での培土時側条施薬装置の開発及び防除効果を検討した。発生病害はいもち病、紋枯病、稲こうじ病、黒腫病で、6年度は各病害とも発生が極めて少なかった。少量散布1回によるいもち病、コバネイナゴ、ツマグロヨコバイ、ヒメトビウンカ、イネツトムシ、フタオビコヤガ、イネアザミウマの防除効果、及び側条施薬によるいもち病防除効果は通常散布(150L/10a)と同等〜優ると認められた。また少量散布の天敵生物への悪影響は少なかった。
研究分担プロチーム病害虫防除・プロ3水田虫害研水田病害研(水田病害班虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048947
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat