誘引物質による大豆害虫の防除技術(162)

誘引物質による大豆害虫の防除技術(162)

課題番号1995000147
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題誘引物質による大豆害虫の防除技術(162)
摘要コガネムシ(ドウガネブイブイ)3齢幼虫は、粉砕したなたね幼植物(草丈25cm以下)、だいず若莢(莢と子実=枝豆)、白菜(外側の葉の緑色部)に明らかに誘引性を示した。また、粉砕したなたね幼植物並びにだいず若莢に100%エタノールを加え、撹拌後上澄液をろ紙に点下し、エタノール抽出液への誘引性を調べた。なたね幼植物の抽出液に明らかに誘引性を示したが、だいず若莢の抽出液では明確でなかった。従ってなたね幼植物にはコガネムシ幼虫の誘引物質が含まれることがわかったが、だいず植物体の誘引性については抽出方法などについて更に検討する必要がある。
研究分担病害虫防除・畑虫害研(虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048954
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat