同質遺伝子系統混植圃におけるいもち病菌レース変動予測技術の開発

同質遺伝子系統混植圃におけるいもち病菌レース変動予測技術の開発

課題番号1995000163
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題同質遺伝子系統混植圃におけるいもち病菌レース変動予測技術の開発
摘要同質遺伝子系統混植によるいもち病防除技術を安定的に活用するためには、新レースの生成等による抵抗性の崩壊を阻止する技術の開発が必要で、そのため、レース変動早期予測技術を確立する。7〜8年では抵抗性崩壊の要因となる希少レース、非親和性レースのイネ体における増殖機構、真性抵抗性遺伝子との関係を解析する。8〜9年では非親和性レース、希少レース増殖組織におけるレースの変異と、圃場内分布レースの関係を解析し、レース変動モニタリング技術を開発する。これにより新レースの発生を早期に検知可能となり、永続的な同質遺伝子系統利用技術が確立される。
研究分担病害虫防除・水田病害研(水田病害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048970
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat