作物病害虫の化学的制御技術の開発

作物病害虫の化学的制御技術の開発

課題番号1995000166
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題作物病害虫の化学的制御技術の開発
摘要新農薬の畑作物害虫(線虫)に対する作用特性を明らかにし、防除効果及び薬害の検討を行った。NT−01粉剤5×104/g土壌の処理により、トマトのサツマイモネコブセンチュウに対して、処理2年目ではゴール指数は無処理に対して有意に低下し、全面処理に比較して作条処理が効果が優った。胞子生産量が5年に比較して1桁上昇したので、次作にさらなる効果が期待される。
研究分担病害虫防除・線虫害研(線虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030048973
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat