泥炭地汎用水田の土地基盤改良対策と直播様式別の適応水管理条件の解明(252)

泥炭地汎用水田の土地基盤改良対策と直播様式別の適応水管理条件の解明(252)

課題番号1995000230
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関農工研
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題土地利用型農業における持続的高生産性輪作営農技術体系の確立
中課題水田農業における持続的高生産性輪作営農技術体系の確立
小課題泥炭地汎用水田の土地基盤改良対策と直播様式別の適応水管理条件の解明(252)
摘要乾田直播において地下潅漑による発芽促進効果を検証した。排水路水位を田面から−40cmまで堰上げた後、用水パイプラインから暗渠に10アール当たり13.5リットル/分を注水した結果、−1mにあった地下水位は14時間ほどで−30〜−40cmに達した。潅漑日数は播種直後から22日間で単位当たりの総送水量は160mmであった。発芽は播種後10日目にみられ、発芽率は80%であったことから潅漑効果があったものと考えられる。また、パイプライン地区用の低コストな自動給水器が開発され、これを用いて水管理の適正化技術を検証した結果、本器の利用により、ポンプ場からの単位送水量に対して取水量は約6割となとなった。自動給水器を用いれば水管理(用水管理)は週に1回程度でよく、潅漑期全体で10アール当たり35分となった。
研究分担プロチーム・プロ5
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049037
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat