食品由来のポリフェノール類の機能性評価(20)

食品由来のポリフェノール類の機能性評価(20)

課題番号1995003662
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の健全性に係わる成分の評価及び開発
中課題食品の生理機能成分の探索及び開発
小課題食品由来のポリフェノール類の機能性評価(20)
摘要食品由来のポリフェノール類がマウスメラノーマB16細胞のメラニン合成に与える影響を検討した。その結果、コーヒー酸やプロトカテキュ酸、クロロゲン酸等のジフェノール類にメラニン生産阻害作用が認められた。食品にはクロロゲン酸の異性体が多く存在することから、それらの構造と活性の関係を把握することを目的として、3ーカフェオイルキナ酸や4ーカフェオイルキナ酸、3、4ージカフェオイルキナ酸、4、5ージカフェオイルキナ酸等6種類をコーヒーより調製して、その活性を検討したが、異性体間の差はわずかであった。
研究分担食品機能・機能成分研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat