メロンの非破壊果肉硬度計の開発

メロンの非破壊果肉硬度計の開発

課題番号1995003694
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題物理計測法による品質評価法の改良、開発
小課題メロンの非破壊果肉硬度計の開発
摘要果実・野菜のなかでも、付加価値の高いメロンの品質を非破壊で評価する実用機を開発することを目的とする。メロンにおいては、果肉硬度が追熟期間、環境温度等によって変化するため、非破壊での測定が強く求められている。これまでの研究で、メロンに振動刺激を与えるとその振動がメロンの表面を周回する現象が発見され、さらにその周回速度がメロンの果肉硬度の指標となることが示されている。この原理を応用した実験室規模の非破壊果肉硬度計は、良好な成績を納め、現在、特許を申請中である。本研究では、これを実用化するために振動刺激部分のコンパクト化、ならびに高精度振動ピックアップセンサーの開発を行った。
研究分担食品工学・計測工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat