生体系における脂質過酸化反応とその抑制機構の解明

生体系における脂質過酸化反応とその抑制機構の解明

課題番号1995003723
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H07〜H10
年度1995
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題食品脂質の特性解明と高度利用
小課題生体系における脂質過酸化反応とその抑制機構の解明
摘要生体内で惹起されるリポキシゲナーゼを介する酵素的脂質過酸化反応は生体内での様々な生体機能(例えば、動脈収縮弛緩、血小板凝集、白血球遊走など)の情報伝達物質としての脂質過酸化物を生成する。さらに最近では生体障害をもたらす非酵素的脂質連鎖過酸化反応の引き金としての役割も注目されている。したがって、酵素反応による脂質過酸化物の生成を抑制することは、生体の恒常性維持にとって極めて重要である。本研究はリポキシゲナーゼによる脂質過酸化反応の機構を明らかにするとともに、食品由来あるいは生体で合成される種々の抗酸化物質が本反応に対してどのような作用を発揮するかを検討する。本研究の成果は食品由来の抗酸化物質の生理機能評価に対して新しい基準を与えるものである。
研究分担理化学・脂質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049181
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat