血漿蛋白質の機能を有する成分の特性解明(104)

血漿蛋白質の機能を有する成分の特性解明(104)

課題番号1995003744
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関畜試
研究期間完H03〜H06
年度1995
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の利用技術の改良、開発
中課題蛋白素材の特性解明と利用・加工技術の改良、開発
小課題血漿蛋白質の機能を有する成分の特性解明(104)
摘要血漿蛋白質中に存在するプロテアーゼ阻害蛋白質、鉄結合蛋白質を分画して利用するため、限外濾過およびカートリッジ式のイオン交換クロマトグラフィーを行った。これらの方法で血漿蛋白質から血清アルブミンを効率よく除去することが可能であり、このことによりプロテアーゼ阻害活性、鉄結合性を高めた素材を調製できた。また、回収した血清アルブミンに脂肪酸を結合させることによって優れた乳化活性を持つ素材が調製され、この蛋白質は乳化剤としての利用が有効であった。血漿蛋白質を三つの画分に分画し、プロテアーゼ阻害性、鉄結合性および乳化特性を活用した素材を開発することにより、血漿蛋白質全体としての利用性を高めることが可能と考えられた。成果については学会誌に投稿中であるが、適用する食品素材については今後検討する必要がある。
研究分担素材利用・蛋白素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049202
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat