植物由来の成分の利用による毒素の低減化技術の開発(12)

植物由来の成分の利用による毒素の低減化技術の開発(12)

課題番号1995003773
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題食品加害菌及びマイコトキシンの制御法の改良、開発
小課題植物由来の成分の利用による毒素の低減化技術の開発(12)
摘要カビの生育制御を試み、ワサビやカラシの揮発性成分アリルイソチオシアネート(AIT)の有効性を明らかにした。穀類の貯蔵実験でも、少量のAITの封入によりカビの生育を抑制することが可能であった。AITの抗カビ性の難点は、初発胞子数が多い場合には発揮されにくいことと、刺激臭を持つことであった。6年度は、AIT蒸気処理による貯蔵性の向上とAITの刺激臭の克服を目的として実験を行った。穀類にカビの胞子を添加し、AIT蒸気のみが穀類に接触するようにビニル袋に封入し15時間後に穀類試料を新しいビニル袋に移し保存した。2〜6ケ月後開封しカビの発生率を調べたところ、カビの減少が確認された。植物精油の併用によってAITの刺激臭の減少が観察された。供試した全ての植物精油においてAIT臭のマスキング効果が認められた。なかでもオレンジオイルやレモンオイルのような柑橘油はAIT臭の軽減のみならず、さわやかな香りへの改変も感じられた。AITの抗菌性は、アーモンドオイル等との併用では低下が認められたが、他の多くの精油との併用では変化を示さず、抗菌性を保持していた。7年度は、AITの有効利用法の開発・改良を行い、実用化を目指す。
研究分担流通保全・微制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049231
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat