穀物・飼料の貯蔵条件による毒素産生抑制技術の開発(133)

穀物・飼料の貯蔵条件による毒素産生抑制技術の開発(133)

課題番号1995003777
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関国際セ
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題食品加害菌及びマイコトキシンの制御法の改良、開発
小課題穀物・飼料の貯蔵条件による毒素産生抑制技術の開発(133)
摘要貯蔵中の穀類等を汚染するマイコトキシンの産生菌であるAspergillus flavusの生育を抑制する拮抗菌であるTelavomyces flavusを用い、T. flavusが A. flavusの生育に与える影響を、土壌中での混合培養により検討した。その結果、培養開始後4日目では当初の菌数の比に関わらずA. flavusの増加はT. flavusによって抑制された。しかし、培養期間を8日まで延長したところこの関係は必ずしも明確とはならなかった。来年度は、アフラトキシン非産生性のA. flavus近縁菌(A. oryzae等)や、穀類等の貯蔵においてしばしば共存が認められるA. nigerやPenicillium属の菌を用い、プレート上での拮抗試験、混合培養によるトキシンの産生試験を行い、アフラトキシン産生に対する影響を解析する。
研究分担食品機能・健全性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat