放射線照射した食品の物理的特性に関する研究(140)

放射線照射した食品の物理的特性に関する研究(140)

課題番号1995003783
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H04〜H07
年度1995
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題電磁波を利用した食品の品質制御技術の改良、開発
小課題放射線照射した食品の物理的特性に関する研究(140)
摘要コショウの粘度は線量に依存して低下した。また、粘度と澱粉量からなるパラメータは、粘度計の種類や回転速度などの粘度測定条件およびコショウの産地やロットの影響を受けなかった。一方、コショウの近赤外スペクトルの2次微分スペクトルはガンマ線照射による変化が観察されたが、照射の影響よりも貯蔵の影響の方が大きかった。以上の結果より、近赤外分析は照射コショウの検知には利用できないが、粘度測定は照射コショウの検知技術として非常に有望であることが明らかになった。7年度は、照射以外の殺菌処理をしたコショウの粘度について検討するとともに、粘度測定法の国際的なクロスチェックを行い、その結果に基づいて改良を行って、粘度測定による照射コショウの検知技術を確立する。
研究分担流通保全・放射線研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049241
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat