高機能有用糖類生成酵素の開発(188)

高機能有用糖類生成酵素の開発(188)

課題番号1995003823
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題微生物利用技術の改良・開発
小課題高機能有用糖類生成酵素の開発(188)
摘要Pseudomonasの生産するマルトペンタオース(G5)生成α−アミラーゼの酵素機能に関連する構造を解明し、高機能酵素の作出を目的とする。6年度は、G5分解活性の低下した酵素を作出するため、基質との結合に関与すると推定されるアミノ酸残基の改変と変異酵素の生産系の構築を行った。タカアミラーゼの基質結合アミノ酸残基と特定され、G5アミラーゼでも保存されているTrp57、Try139及びLys188を他のアミノ酸残基に置換した遺伝子の作出に成功した。粗酵素標品による解析の結果、Leu57、Phe56、Arg188、Gln188及びMet188の変異酵素は、野生型酵素とことなる反応様式を示すことが示唆された。7年度は、変異酵素の酵素学的特性を詳細に解析する。#業績番号#:
研究分担応微生物機能・発酵細菌研分子情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049281
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat