微生物酵素による新規オリゴ糖の製造技術(194)

微生物酵素による新規オリゴ糖の製造技術(194)

課題番号1995003829
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間延H03〜H09
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題酵素利用技術の改良・開発
小課題微生物酵素による新規オリゴ糖の製造技術(194)
摘要Arthrobacter globiformisの酵素によって、イヌリンから生産される環状オリゴ糖DFA IIIは優れたビフィズス菌増殖活性および抗う蝕性を有することが明らかとなっている。A. globiformisの培養上清を粗酵素液としてイヌリンと反応を行うとDFA III合成酵素の他に微量のbeta−fructofuranosidaseが含まれているため、主生産物であるDFA IIIの他にフルクトースとグルコースが生ずる。そこで、電気泳動的に均一に精製した酵素を用いて反応を行い、生成物を検討した。その結果DFA III以外にニストース(GF3)とフルクトフラノシルニストース(GF4)が生ずることが明らかとなった。従って、本酵素にとって最小の基質は(GF5)であると推察された。
研究分担応微・酵素利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049287
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat