オリゴ糖生産のための酵素の特性解明(196)

オリゴ糖生産のための酵素の特性解明(196)

課題番号1995003831
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題酵素利用技術の改良・開発
小課題オリゴ糖生産のための酵素の特性解明(196)
摘要Arthrobacter globiformis S14−3株の生産するDFA I合成酵素によってイヌリンから生産されるオリゴ糖DFA Iはビフィズス活性オリゴ糖としての利用が期待されている。オリゴ糖DFA Iを効率的に生産するためにには、バイオリアクターによって連続反応を行うことが望ましい。バイオリアクター構築の第一歩として、DFA I合成酵素の固定化について検討を行った。固定化に用いる酵素液としては酵素生産菌の培養上清を、固定化用の担体としてはキトパールBCWタイプを用いて検討を行った。キトパールBCWタイプには固定化のモードがイオン交換によるものと疎水的な相互作用によるものがある。実験の結果疎水結合による固定化の担体を用いた場合に高い活性の回収率が得られた。
研究分担応微・酵素利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049289
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat