微生物の分化誘発機構の解明(210)

微生物の分化誘発機構の解明(210)

課題番号1995003841
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題生体高分子機能の解明
小課題微生物の分化誘発機構の解明(210)
摘要5年度までに、放線菌Streptomyces coelicolorにおいて、ADP−リボシトランスフェラーゼの特異的阻害剤耐性変異株を用いた解析により、ADP−リボシル化が形態分化に関与することを明らかにした。そこで、6年度はStreptomyces griseusのaba mutantの変異を回復させる遺伝子のクローニングを行った。ショットガン法により親株の染色体DNAを用いて変異株を形質転換し、形態分化能を回復したクローンを検索した。約13万クローンについて調べたところ10クローンが分化能を回復した。得られたクローンは制限酵素解析の結果、すべて重複したDNAであると考えられた。また、本クローンは形態分化が回復するばかりでなく、ストレプトマイシン生産をも回復することがわかった。これらのことから、得られた遺伝子は、形態分化、二次代謝の両者を制御する重要な遺伝子ではないかと考えている。7年度は、全塩基配列の決定および生理学的研究により本遺伝子の役割を解明していく予定である。
研究分担生物機能・変換機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat