植物種子のタンパク質分解の動的研究

植物種子のタンパク質分解の動的研究

課題番号1995003856
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H07〜H11
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題生体高分子機能の解明
小課題植物種子のタンパク質分解の動的研究
摘要植物種子中には多量の貯蔵タンパク質が存在し、発芽時にはそれらがエンド型及びエキソ型タンパク質分解酵素で分解され、アミノ酸源として利用される。植物にはシステインプロテアーゼとアスパルティックプロテアーゼが存在するが、前者が主体を占めており、パパイン、ブロメラインなどは詳細に研究されている。一方、後者は、動物、微生物(特に糸状菌)において多くの研究があり、高次構造が明らかになっているものが多いが、植物起源のものについてはその存在の報告はあるがまだ精製されたことはなく、その生理的意義はもとより性質の解明も不十分である。本研究ではヒマワリ種子中のアルパルティックプロテアーゼに注目して、その性質及び構造の解明を行う。
研究分担生物機能・分子情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049314
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat