塩ストレスにおける液胞膜ピロホスファターゼの役割(242)

塩ストレスにおける液胞膜ピロホスファターゼの役割(242)

課題番号1995003874
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題細胞機能の解明及び改変
小課題塩ストレスにおける液胞膜ピロホスファターゼの役割(242)
摘要細胞質・液胞間のイオン輸送に関与している液胞膜ピロホスファターゼ(PPase)の塩ストレスに対する機能を明らかにすることを目的として研究を行った。4年度には、ヤエナリの細胞質内と液胞内pHならびにプロトン輸送能を測定した結果から、塩ストレスにより液胞膜PPaseが阻害され、液胞から細胞質にプロトンが流出し、細胞質のpHが低下することが示された。5年度は、イネにおけるPPi依存のプロトン輸送が塩ストレスによって阻害を受けるが、阻害の程度は品種によって差異があることを明らかにした。6年度は、塩ストレスに対して感受性の異なる日本晴とボロとではPPaseアイソマーの発現パターンに差異のあることを明らかにした。このことはアイソマー間で生理的機能に何らかの違いがある可能性を示唆している。
研究分担生物機能・分子情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat