西南暖地におけるペレニアルライグラス生態型の収集と特性の解明(74)

西南暖地におけるペレニアルライグラス生態型の収集と特性の解明(74)

課題番号1995001079
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関九州農試
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題飼料作物・芝草等の遺伝資源の導入、評価及び保存
中課題遺伝資源の収集、導入及び評価
小課題西南暖地におけるペレニアルライグラス生態型の収集と特性の解明(74)
摘要九州、中国、四国及び北陸地方より栄養系で収集し、定植したエコタイプについて、1次項目について特性評価を行った。同一収集地点内においても倍数性の異なる個体が混在していたが、収集地点別の平均値では、出穂始期は4月30日〜5月27日の範囲で、最も早生のものでキヨサト並で、最も晩生のものはヤツガネ並であった。草丈、穂長、葉身長、葉身幅および茎の太さでは全般に晩生のもの程大きな値を示した。一方、草型および稈長については、収集地点間で顕著な差は認められなかった。
研究分担育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049409
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat