トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(87)

トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(87)

課題番号1995001089
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完H01〜H06
年度1995
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題バイオテクノロジー利用による育種法の開発
小課題トールフェスク・イタリアンライグラス雑種作出のための両親系統の組織培養利用技術(87)
摘要トールフェスクと雄性不稔イタリアンライグラス間のF1雑種の直接利用のために、組織培養を利用して細胞質雄性不稔イタリアンライグラスが増殖可能であるか検討した。その結果、細胞質雄性不稔イタリアンライグラス系統は茎頂から容易にカルスが誘導でき、カルスからの再分化率はほぼ90%の高率を示し、正常イタリアンライグラスと比較して劣ることはなかった。また細胞質雄性不稔由来の再分化植物は完全雄性不稔であり、その不稔性は培養を経ても完全に維持されていた。また、その他の形質にも実用上問題となる変異がみられなかった。これらのことから、今後、雄性不稔イタリアンライグラスの増殖の一手法として組織培養が利用可能であると考えられた。
研究分担育種・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049419
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat