耐湿性・高品質とうもろこし品種の育成(101)

耐湿性・高品質とうもろこし品種の育成(101)

課題番号1995001103
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関生物研
研究期間継H03〜H08
年度1995
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題主要特性育種法の開発
小課題耐湿性・高品質とうもろこし品種の育成(101)
摘要温暖地の汎用水田における自給飼料の高位、安定生産の増進を図る目的で、耐湿性に優れた高品質とうもろこし品種の育成を行う。6年度は、耐湿性検定温室を用いて生育初期から中期にかけての湿害ストレスに対する反応の系統間差を検定した。また消化性と関係の深い稈汁糖度による育成系統のスクリーニングを実施した。とうもろこしF1の生育は湿害処理により60〜78%阻害された。10供試系統中、那交777の減収率が最も低く耐湿性系統と考えられた。糖含量指数によるスクリーニングの結果、那交777、那交758、那交809、長交C306が高糖含量であることが明らかとなった。
研究分担育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat