雄性不稔維持系統の育成

雄性不稔維持系統の育成

課題番号1995001114
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H07〜H12
年度1995
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題優良品種の育成
中課題牧草品種の育成
小課題雄性不稔維持系統の育成
摘要画期的新品種育成のためにはヘテロシス効果を最大限に利用できる1代雑種育種法の実用化が求められている。そのためには既に見いだされている雄性不稔細胞質をもつ系統との交雑後代が100%雄性不稔になる維持系統を育成する必要がある。ソルガムでは雄性不稔細胞質利用による1代雑種育種法が採用されているが、雄性不稔維持自殖系統の育成についてその省力化、効率化が強く求められている。このため、ミトコンドリアDNAをプローブとしてノーザン解析を行うとともに、雄性不稔維持能力について選抜を進めて系統の育成を図り、DNAマーカーによる維持能力の早期簡易判定法についての検討を行う。
研究分担育種・育種1研育種工学研育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat