とうもろこしF1品種の育種(110)

とうもろこしF1品種の育種(110)

課題番号1995001117
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関生物研
研究期間継H05〜H12
年度1995
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題優良品種の育成
中課題長大型飼料作物の品種の育成
小課題とうもろこしF1品種の育種(110)
摘要温暖地向き優良品種の育成を図る目的で、草地試で育成したF1系統の熟期、耐倒伏性、耐病性、収量性、地域適応性などを評価し、優良系統を選抜する。6年度の生育の概況は、発芽はほぼ平年並みであったが、7月上〜中旬は平年より平均気温で約3度高めに推移したため、生育の進みが急激で、絹糸抽出期は平年より約1週間程度早く、収量も高く、生育は良好であった。評価試験には、那交758、那交768、那交777、那交809、那交825を供試し、那交768、那交777、那交825を優良系統として選抜した。その中でも那交777は絹糸抽出期が標準品種のP3352より早くて、乾物収量、TDN収量が多く最も有望であった。
研究分担育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat