有機資材の肥効の任意調節技術の開発(132)

有機資材の肥効の任意調節技術の開発(132)

課題番号1995001134
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H04〜H10
年度1995
研究問題高品質飼料の高位生産技術及び環境管理技術の確立
大課題土壌生産力の維持・増進と合理的施肥管理技術の確立
中課題飼料生産への家畜ふん尿の有効利用技術の改善
小課題有機資材の肥効の任意調節技術の開発(132)
摘要多頭飼養によって多量に発生する家畜ふん等の畜産廃棄物の有効利用を促進するため、家畜ふんの肥効を任意に調節する手法を開発する。6年度は牛ふん窒素(N)の無機化促進法について検討した。牛ふんはN含量が低く、しかもリグニンやセルロースなどの繊維分が多いためNの無機化は緩慢であるが、牛ふんにN無機化の速い豚ぷんや鶏ふんを混合することにより、Nの無機化を調節することが可能であった。混合ふんのN無機化量は開始時の全N含量および粗繊維含量と高い相関関係にあり、この2要因の重回帰式で推定できた。全N含量は培養期間にかかわりなくN無機化量と高い相関関係を示したが、粗繊維含量は培養初期よりも後期で高い相関関係を示した。
研究分担環境・土肥2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049464
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat