山羊−牛の組み合わせ放牧による山地傾斜草地の高度利用方式の開発(195)

山羊−牛の組み合わせ放牧による山地傾斜草地の高度利用方式の開発(195)

課題番号1995001192
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関畜試
研究期間継H05〜H10
年度1995
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題山地傾斜地を基盤とした肉牛の飼養管理技術の確立
小課題山羊−牛の組み合わせ放牧による山地傾斜草地の高度利用方式の開発(195)
摘要採食特性の異なる山羊と牛を組み合わせ放牧することによって草地の利用率を高めるとともに、短草状態を維持し高品質飼料草を供給することによって家畜生産性を高めることを目的に、ペレニアルライグラスの品種と他草種との混播適性を検討した。6年度は、平年より平均気温が高く降水量が少なかったため、牧草生産は特に8月に大きな障害を受けた。そのような中でも、牛と山羊の組み合わせ放牧区では牛単独放牧区より牧草収量が多く、雑草量が少なかった。品種では、一番草の収量生長速度でジャイアントが優れていたが夏秋期には他の品種と変わらなかった。牛の発育に及ぼす組み合わせ放牧効果は、夏の干ばつと供試個体間競合の影響が大きく、明確にならなかった。
研究分担山地・山地草地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030049522
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat